MENU

ガリバーでの車査定の買取契約の重要性について

車買取大手のガリバーインターナショナルは、インターネットによる査定見積もり、もしくは持ち込みによる査定にて決定した買取価格を、本人名義の口座に3日から4日のうちに入金されるという仕組みで買取を行っています。
車買取は金銭授受と自動車名義変更など重要な作業があり、必要書類として車検証、印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、振込口座番号、リサイクル券、印鑑などが必要で、このどれもが重要な書類となるため、買取り契約は非常に重要性の高い作業となります。
買取契約を結ぶと、即時車両回収が行われます。

 

契約後に走行距離を増やすことを避ける目的と、事故や損傷などで買取り金額が減ることを避ける目的として早期で車両回収がされます。
その後、購入する車両の納車までの期間、無料で代車が貸し出される「無料代車サービス」があり、それをうまく活用すれば購入車と売却する車のインターバルも安心して車を利用できます。

 

契約は以上のような流れですが、契約に至るまでに、少しでも高く売る交渉を試みることが大切です。
出来るだけ多くの買取業者に見積もりを依頼して、他社の査定額と比較し、競合させることで価格交渉を行うことが重要となります。