車の買い取り査定とローン中の車

MENU

車の買い取り査定とローン中の車

車を購入する人の中には、ローンを組んで支払いをする人は多いと思います。

 

この車のローンは長く組んでしまうと、買い替えの時に残債、つまりローンの支払いが残っている状態になってしまう場合もあります。この残債がある車というのは買い取り査定をしてもらう時に障害になることも多いのです。そこで車の買い取り査定とローン中の車の関係について説明していきます。ローンが残っている車は車の所有権がまだローン会社にあることが多く、これは所有権保留という状態になっているのです。

 

この状態だと所有権が自分ではないので、売却することができません。こういったことはよくあることなのですが、中小の車買取業者の中には残債があるローン返済中の車は買取対象外にしているところもあります。これは車の買い換えを考えている場合大きな壁になりますよね。

 

この壁を乗り越えるためには残債を全て返済するか、あるいは大手の買取業者に買取をしてもらいローンの借り換えをするという2つの方法があります。前者の方法なら間違いはありませんが、どうしても完済前に車を買い換えたいという場合は、後者の方法もあるということを覚えておいてください。