MENU

中古車の査定で査定後にもローンがある場合の対応

中古車の買取査定を受ける場合、気になるのが残債が残っている場合だと思います。
中古車の査定後に残る残債は査定には影響がほぼ無いと考えますが、買取金額よりも残債が多い場合には注意が必要です。
車の売買には車の所有権を移転(変更)することが必要です。

 

車の所有権は車を買った人間・会社が持っているのですが、借入で車を購入した場合は所有権をローン会社が持つことが多いようです。一部銀行系のローンで所有権を銀行が持たない場合もあります。
ローン会社は残債が消えるまで所有権の移転(変更)はしません。所有権の移転ができなければ車の売却はできないことになります。
残債が買取金額よりも残高が高い場合は買取金額で返済しますが、足りない分を買取前に請求されることになり、買取金額が高ければ残債を返済し、残った金額を受け取ることになります。

 

買取時にまとまった金額がない場合、残債を残したまま売却し、残債を支払っていこうと考える方も多いのですが、残債の一括返済を行わない限り所有権の移転はしてくれないと考えたほうがよいです。
買取会社ではこのような場合にローンを新たに組んでくれる場合もあるので査定時に相談することをオススメします。