ガリバー クレームガード トラブル

MENU

ガリバー クレームガードのトラブル

車買取会社の大手のひとつに、ガリバーがあげられます。
ガリバーには、クレームガードという保障システムがありますが、このクレームガードのトラブルが多いようです。
クレームガードとは、ガリバーだけが行っている保障システムですが、買い取った車に後々欠陥などが見つかった場合でも、売却側に対して買取価格を減額したり、損害賠償請求を行ったりしないというものです。
このクレームガードをつけると保障代が請求されます。 任意のものなので、クレームガードをつけない人もいるようですが、クレームガードをつけないで売却後に車に欠陥が見つかったと、損害賠償請求が実際にきた、というトラブルがあるようです。
それならクレームガードをつけたほうがいいのか。。。という話ですが、ガリバーで売却するのであれば、つけたほうがこういったトラブルは避けられるのでは。。。と思います。 ただし有料なので、買取査定をしてもらう際は車の状態についてはしっかり査定士に伝え、査定額の見積もりの内訳を確認して、クレームガードの費用を引いた分でが支払われると考えたほうがいいでしょう。
そのうえで、他社の査定額の見積もりと比較して高ければ、ガリバーで売却するのもいいのではないでしょうか。

 

 

>>無料でガリバーをはじめ多くの買取り査定をチェックするにはコチラ